FC2ブログ

車はひっかきまわしに限る

車大好き。でもAT車がどうしても肌に合わない自称グルメのおっさんが自作のオリジナルキャラクターや愛犬ウィペットと散歩中に撮影した写真等を気ままに紹介してま~す。

E46に巡り会うまでの車歴11

BEATに関してもう少し・・・。

トラブルらしいトラブルも無く、話題に乏しい感じではありますが一点。
シートのヤレは早かったですね~。
特に右のわき腹があたる部分がスレて、まず表面がざらざらになりだして
次に縫い目の糸が切れ、そして穴が開く・・・。
最初は我慢してましたが、ドアを開けるたんびに目につく場所なんで
とうとうあのゼブラ柄新品と取り替えた経験があります。
(ただ今は新品手に入らないような話を聞きましたが本当かな???)
賛否両論あったと思いますが私はあのゼブラ柄あまり好きではありませんでした。
おまけにこのシート。ただせさえ薄っぺらいのに、あっという間に
フワフワ感がなくなります。(私の体重のせいではないですよ。たぶん)
足回りがただでさえ乗り心地重視とはいえない仕様でしたので正直腰はきつかったー。
これが手放す一番の理由だったかな???

それとリアのスクリーン。
結構気を遣いましたねー。スタンドでは絶対拭かないでって頼んでましたし・・・。
(それでも一度拭かれて怒った事あります。そのスタンド行かなくなりました。辛抱辛抱)
これも所有してた6年弱で一回交換しました。
黄ばんだものからいきなりクリアーになっったんで驚きました。

最後に燃費の報告を・・・。
毎日80kmの通勤に使ってましたがL/約17kmでした。
タンク容量が24Lだったか、めちゃくちゃ少ないんで5日めには給油って事で
いつもスタンドに行ってた記憶があります。
でもセルフスタンドが出始めた頃でしたんで個人的には楽しかったんですよねー。

私の地元にはBEAT専門のSHOPもあって、レストアしたり結構面白そうですが
こうしたSHOPに行けばよいものもあるんでしょうね。

スポンサーサイト



PageTop

E46に巡り会うまでの車歴10

BEET3
洗車と言えば・・・。
ちまたではポリマーシークやらガラスコーティングやら様々なものがありますが、
試した私の経験では「TOYOTAのペイントシーリング」が一番かな。
別にTOYOTAの回し者ではないですよ。どちらかというと否定派かな???
このペイントシーリングはすごいです。虫の死骸なんかのあのべちゃ〜っていう頑固な汚れや
タールの汚れ(最近の虫汚れってほっておくと以外に早く塗装にシミとして
残るらしいので、気がついたら取り除いた方が良いらしいです。)
にも、専用のワックスを専用の布に適量付けて軽くこすりだけで簡単にとれちゃいます。
作業が楽なんで感動ものです。
金額は安くないですが他のやり方での「もち」を考えると割安ではないかと思います。

さてこのBEATもBMWのクーペ同様斜め後ろから見た姿が好きでした。
ターボエンジン搭載のカプチーノも購入時の候補に上がってたんですが
せっかくのオープンカーです。
思い立ったら直ぐにオープンにできないとつまらない・・・。
(カプチーノはアルミのルーフをいちいち分解して、後ろのトランクに
収納するという手間がかかる)
という理由と、ボディーがBEAT専用だったりバックミラーの
取り付け方法が「NSXと同じ」といったホンダのこだわりが気に入ったんで
こちらにした次第。
(カプチーノって補強はしてても基本がアルトだったかな?違ったらごめんなさい。)
でも今はカプチーノは欲しいですねー。五年前でしたがまじで探した事があります。
でも程度の良い個体はやっぱ高いですねー。
BEATのほうが安く手に入ります。
二人乗りは娘が高校卒業するまで待ってっていうカミさんの願いがあったんで
しばらくお預けです。

PageTop

E46に巡り会うまでの車歴9

BEET4
このBEAT。以外に壊れることってなかったです。
所有した間、約10万kmで足回りを二回程交換した程度です。
それより前13インチ、後ろ14インチっていう事なんで
タイヤのローテーションできず、こちらの出費が大きかったです。
あとはボディが小さいから洗車が楽です。シルバーっていう色も
あまり汚れが目立たず、無精な私には助かりました。
車好きには考えられないでしょうが、私実は「洗車嫌い」なんです。
理由は三つ。
① 素人の自分では、べちゃ〜って感じの汚れやタール系の汚れが落ち切らない。
(いろんな物使いましたが納得できず一、二度使っただけで倉庫の奥へ・・・)
② やりだすとパッキング等の隙間まで綿棒使ってやらないと気持ち悪い=時間がかかって
貴重な休みの時間が減る
(加えて内装の掃除もしたくなる)
③ 私が洗車すると「必ず」雨が降る。
(今天気だったのに、急に降り出す事なんかしょっちゅう。
それも、ちょっと汚したろっかーっていう程度の降り・・・オテントウ様のイジメです)

この中で③の理由が一番大きいかな???

このBEATからシフトを球形に替えてました。クローム仕上げのピカピカバージョン
だった為か、夏暑くて冬寒い・・・。
けどBEATのミッション。面白いです。
軽トラ同様?コイコキって手首にかえしだけでシフトチェンジ出来ます。
ちょっとペダル類が小さすぎて最初は心配でしたが慣れればOK。
人の慣れってすごいですね〜。

PageTop

E46に巡り会うまでの車歴8

BEET2
BEATに関しても色々な経験をしました。
とにかくほぼ一年中オープンにしてたからか、ウインドウ上部の
丁度トップが折りたたまれる部分からの水漏れが頻発しました。
雨天時に走ってると頬に水しぶきがかかります。それくらい。
ゴム部分を取り替えてもすぐにダメでしたんで結局シリコンを
隙間に流し込みました。シリコンに弾力があるからか、それからは
全く水漏れ無し!見た目は半透明な塊が少し見える程度だったんで
まだ乗ってみえるかたはお試しを。
それとエンジンオイル漏れ。
帰宅のコンクリート駐車場に黒いシミを発見したんですが
そんなに大きくはなかったんであまり気にしてなかったんですが
何かのついでに車屋に見てもらったところ重大発見が!
実はBEATのエンジンって簡単に言うと前かがみに搭載されています。
その為シール部分がいかれたりするとオイルがダダーって下に垂れるわけです。
カッパの頭のお皿から水がダダーって漏れちゃう感じでしょうか。
問題は、その漏れたオイルが垂れた先にマフラーがあるということです。
熱せられたオイルが熱せられたマフラーに垂れる・・・。
次にくるのは、そう発火です。「よかったっすね〜」っていう車屋さんのお言葉に
苦笑いしつつ慌てて修理。これオーナーの方注意してくださいね。

私がBEATを所有していた次期、偶然にも周りがオープンカーだらけ。
BEAT、カプチーノ、ユーノスロードスター、そしてMR-Sっていう状況。
ワゴンブーム、SUVブーム、オープンカーブーム・・・。
今が外車のオープンカーブームってとこでしょうか。

PageTop

E46に巡り会うまでの車歴7

BEET1
黒のCR-X、シルバーのCR-X、(間に軽を挟みましたが・・・)そして黒のサイバーCR-Xと
CR-Xが続きましたが、気づかないうちに雨漏りがみつかったり、
フロアー周りのカタカタ音が酷くなり、そろそろ次の車を・・・
などと考えたすえ登場するのがホンダのBEATです。
本当は子供が生まれるという事で維持費の安い軽自動車にしようか・・・
となったんですが、どうも普通の軽では自分自身に納得がいかず
どこでどうなったか二人乗りを買ってしまったんです。
もちろん周りは反対。だって二人乗りでは乳飲み子を病院に連れて行くのさえ不便。
でもカミさんいわく、酒もタバコもパチンコもやらないんだから
(なんか無趣味のつまらん人みたい?)
通勤ぐらい好きな車で通ったら・・・っていう天の声に背中を押されたわけです。
感謝、感謝。
BEATは5MTしかありません。エンジンも64馬力といっても
ノーマルエンジンなんで、回さないと走りません。
でも、この回すっていうフィーリングがゴーカートみたいで楽しかったなー。
カセットの音なんかエンジン音に合わせて音量が勝手に変化します。
オープンにするのも、後ろのスクリーンのジッパーを降ろしバイザー部分の二つのフックを外すだけ。
ほとんど一年中オープンにして走ってました。

PageTop