FC2ブログ

車はひっかきまわしに限る

車大好き。でもAT車がどうしても肌に合わない自称グルメのおっさんが自作のオリジナルキャラクターや愛犬ウィペットと散歩中に撮影した写真等を気ままに紹介してま~す。

終戦の日・・・・・。」

今日は“屈辱の”終戦の日です。 だって未だに敗戦国の汚名から脱する事が出来ない

んだから・・・・・。

何時までたっても“アメリカをだまし討ちし、アジアの国々を侵略した国”のレッテルが貼

られたままなんだから悲しいです。

これが国外からの評価だけなら、まだまし(あんまりましじゃないけどね)なんでしょうが、

国内の某新聞社なんかは同じ日本人だというのに自国を悪者扱い。 こんな国他にあり

ませんぜい!!(お隣のように焼き討ちはしない所が日本人!)

いったい何時の頃から日本人って、自分の住んでる国を自分から悪者扱いするようにな

ったんでしょうか?  平和に生活できてるっていうのに・・・・・。 いったい誰のおかげで

今の生活があるのか少しは考えてみたことあるんでしょうか?

今日の夜、NHKで若者と大人の戦争に対する討論会があるようですが、今の若者の意

識(戦争に関する知識の無さ)にびっくりするんじゃないかなぁ。

(なんか若者って知識のある子ない子が両極端のような気がするんだよね)



そんな中、今朝の朝刊見てビックリ!!

戦争中に戦利品としてアメリカ兵に持ち去られた日章旗がネットオークションで売買され

てるって記事。 

これはいかんと買い取って持ち主を探す日本人ボランティアがいるそうですが、こういっ

た事に税金使うのなら誰も反対しないのに・・・・・。



まぁ、文化や宗教感が違うのでアメリカ兵を悪く言ってはいかんのでしょうが、個人の無事

を心から祈って関係者が寄せ書きをした日の丸が、ただのコレクターズアイテムとして売買

されるのってやっぱり悲しいですねぇ。

私が特にショックだったのが、“日本人の遺族が”遺品をもてあまして骨董品業者に売りに

きてる(買取依頼してくる)って話。 

そういえばちょっと前に戦争当時の品物を中心に売ってる骨董品屋の特集やってましたわ~。

最近はこうした品物を売りに来る人が増えたって事で、業者の倉庫に山積みになってたの

には驚きました。 無造作にダンボール箱に入れられた姿にショックを受けました~。



先の日章旗はもとより軍服や水筒、飯ごうなんかの他に軍刀や日記のようなものまで千差

万別・・・・・。(結構上級将校であろう軍服も売りに出てたなぁ)

業者曰く「商品として売れる物の他に売れない物が大半なんだけど、だからといって処分す

る事はできないから溜まる一方なんですわ・・・・・。」



ん~、どうなんでしょう。 自分のお爺さん(大半はそうだよね)や身内が命を懸けて戦った

戦争に関する品物を処分(保管場所)に困って売りに出す・・・・・。

ちょっと考えられんですわ~。 私の祖父も戦死していますが、子供の頃から軍服姿の遺

影を見ながら「かっこいいなぁ~」て憧れだったし、興味があったから戦時中の話やら色々

祖父に聞いたりしたもんです。 (軍刀も見せてもらった事あったし・・・・・)

軍人さんってかっこいい反面、戦争の悲惨さはなんとな~くだけど理解できてるつもり・・・・・。

だって軍人さんは“敵(人)を殺す事が死命”なんだから。 そこに善人も悪人もないって所

が戦争の悲劇だよねぇ。



日本人って、あまりにも国内外から“日本は酷いことをしたから悪者なんだ、反省しなくちゃ

ならないんだ”って刷り込まれちゃったせいで、忘れちゃダメだ! 忘れたらあの悲惨さの記

憶が薄れてしまう・・・・・とは言ってもやっぱり“早く忘れたい”んでしょうねぇ~。



戦争を知らない国会議員が“9割”っていいますから、悲惨さを忘れた所で集団低自衛権の

行使容認に受けた動きが加速するのは当然の成り行きでしょうか。

専門家ばかりじゃなく、戦争に参加した誰もが言います。「戦争は始めるのは簡単だが、辞

めるはるかに難しい・・・・・」と。



最後に、アメリカは日本軍の真珠湾攻撃を騙まし討ちだと宣伝しました。 リメンバーなんとか

って言って。

でもこのリメンバー○○とか騙まし討ちはアメリカの世界戦略の常等手段だって事を覚えてお

きましょう。 未だに似たようなことやってるでしょ(^^)

その①、スペインに統治されてたキューバ等のカリブ海諸国を世論を操作してスペインから開

放するという名目で戦争を起こし、追い出した後は自分達が占領。 この遺恨がカストロ政権で

見る反米感情の原点なわけですねぇ。



その②、カリブ海を手にしたアメリカが次に目をつけたのは太平洋のフィリピン。 ここもスペイ

ン統治に反対する組織を支援したまではよかったんですが、波乱軍が勝ったと同時にアメリカ

は逆に反乱軍を殲滅して占領してしまいました。 

その時のアメリカ軍の司令官が有名なマッカーサーの“父親の方”です!

日本軍に追いやられて「私は必ず戻ってくる・・・」って言葉を残しましたが、格好はいいですが

異本的にフィリピンはフィリピン人のものなんだからちょっと違いますよねぇ。

一時アメリカ軍を追い出しましたが、基本低にフィリピン人のアメリカ嫌いはこのあたりからきて

るようです。 (まぁ、中国の脅威からシブシブアメリカ軍の再駐留を認めはしましたがねぇ)

ちなみにフィリピンが日本嫌いなのは国土が日本軍をアメリカ軍との戦場になった事と「白人か

らアジアを開放する」ってスローガンの日本にかつてのアメリカが重なったのが原因じゃないの

かなぁ・・・・・。 あくまで私の個人的な感想ね。



その③、観光地で大人気のハワイ。 実は日本の皇室とハワイの王室との間で婚姻のやり取

りがあったのはあまり知られていませんでしょう?

当時の日本はまだ国力はなく、ハワイとの間で婚儀を行えばアメリカを起こらせるのは目に見

えてたので断ったようですが、その動きに同様したのかアメリカは素早く動きます。

当時既にハワイに進出して大きな勢力になってたアメリカ人達を先導して王朝制度を廃止し、

“まやかしの”民主主義選挙を強行したすえ、ハワイを戦わずして手中に収めた人物が、ジュ

ースでおなじみ“ドール”だって知らなかったでしょう?



太平洋戦争勃発前、アメリカは異本に対する原油の輸出をストップさせました。 すでにくず

鉄関連の輸出もとまってましたので、このままでは日本が干からびてしまうのは時間の問題

っていうか、日本がしびれを切らせて資源のある東南アジアへ打って出るのが時間の問題

だったのはアメリカが一番わかったてはずです。

あのアメリカなんですから、12月8日の交渉が決裂するしないに関わらず全軍に戦闘準備を

命令するなんて当たり前だったでしょう。 

にも関わらず、ハワイの太平洋艦隊の“多くの将兵”(一部の将校は知ってたんでしょう)は情

報を得ることなく多くの犠牲者を出しました。(たぶん“正義の戦争への”国民感情を高揚させ

る為の犠牲になったんでしょうねぇ。)

その証拠に停泊してた戦艦郡は旧式ばかりで、更には肝心の航空母艦は“偶然にも”真珠湾

から遠く離れた海域にいて難を逃れています。

こうした一連の流れを見たって、あくまで想像ですがアメリカにしてやられたってのを痛烈に感

じてしまうのです・・・・・。

もし、違うんだったら中国の脅威から日本を“積極的に”守って下さい。 「私は安部は嫌いだ!」

って公に発言したってかまいません。 ただはっきりアメリカは日本を守る!!って言ってくれさ

えすれば、きっと日本の自衛隊は想像以上の力を発揮してくれるはずです。



私は何度も書きますが英語の授業を小学生低学年から必修科目にするっていうのもいいで

すが是非、社会科(特に歴史)をもっともっと充実させて、日本とはどんな国で世界はこうして

今の形になった・・・・・等の経緯を教える方が将来絶対日本のためになるような気がしてなら

ないんですよねぇ。
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する